長崎 リフォーム Vol.4 お風呂・浴室編

皆さんこんにちは。タカダ建装の田中陽子です。

桜の花も満開で、すっかり春って感じですね。皆さんお花見にはいかれましたか?

昼間はぽかぽかで暖かいですが、夜はまだまだ冷えるので、風邪引かないように気をつけてくださいね。

さて、お風呂のリフォーム シリーズも4回目となりました。

今回はお風呂のリフォームをした場合の工事につてお話したいと思います。

まず、既存のお風呂を取り払う解体工事がはじまります。それから、新しい システムバス  をきっちり設置

するための土間・左官工事。そして給排水設備の先行工事。ここまで済ませてからシステムバスの搬入・組み立てが始まります。

システムバスの組み立てが終わったら、脱衣所とシステムバスとの間に壁を作る大工工事。

そして給排水のつなぎこみ工事。それから、換気扇や照明などの電気工事が続きます。

最後は新しくできた壁にクロスを貼って終了。

大まかな流れはこのような感じです。

だいたいの工期は4日?1週間くらいですね。

システムバスの工事は脱衣所とのからみがありますので、新しくできた壁にクロスをはるなら、この際、脱衣所のクロスを全部やりなおそうかな。

とか、脱衣所のフロアをやり直そうかなとか、言われる方もいらっしゃいます。

確かに、脱衣所のリフォームも先々される予定なら一緒に工事をされた方が費用的にも時間的にも良いかもしれませんね。

内容だけみてたらお風呂のリフォームって大変そう・・・なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、寒いお風呂に入り続けることや、カビが生えて掃除しても取れないなんてお風呂に入っているあなた。

お風呂のリフォームを考えてみませんか?

リフォーム後は『お風呂新しくして良かった!!』って気持ち200%♪

快適なお風呂ライフが待ってますよ(^v^)

では、次回のブログもお楽しみに。