十三夜

おはようございます。水田です。

毎月、旧暦の13日の月を『十三夜』といいますが、9月13日の月は、十五夜(旧暦8月15日)の月に次いで美しいと言われている月です。

十五夜は中国から伝わったのに対し、十三夜は日本独自のものです。

十五夜は『芋名月』、十三夜は『栗名月』・『豆名月』と呼ばれ、昔から宮内では収穫した栗や豆を供えて、月見をする風習がありました。

十五夜、十三夜のどちらか片方だけの月見をすることを、『片月見』と言い縁起が悪いとされています。

この季節は晴天の日が多く、空気も澄み切っていて、月を見るのには最適だそうです。

来年は、私も両方の月見をしたいと思っています。